風に逆らう ならず者

Notice

最近、面白い遊びを発見したのでハマっています。すぐ近所というわけではないので週一程度ですが、お知り合いの方お誘いしてご一緒したり、朝目覚めた瞬間に「行っちゃお」なんて気分で、独り高速ぶっ飛ばして行ったり。山歩きも未だ継続中で悪くないですが、時々こうしていつもの生活パターンを変えてみると新鮮で、普段の生活にも張りが出ます。

自分なりに色々と思考を凝らし、変化をつけながらやっているつもりですが、どうしてもずっと同じ場所で同じコトをやっていると、どれだけ思考を凝らしても結局はルーチン化してしまう気がしていたので、こうして新しいコト・モノ取り入れていくと、忙しくなりますが何かしらいい感じがします。そして、気がつきゃ当たり前になる日がやってきてはの繰り返し。そうして時は過ぎるのでしょう。

さてさて、ようやくパオラWS、告知始めました。何かとバタバタしている中での告知なので、所々至らない点あると思いますが、ご指導ご鞭撻及びイチャモン等一切受け付けておりません。できる限りの対応は致しますが、「遊ぶように働く」をモットーに動いておりますので、その辺ご理解の上みなさんもご一緒になって、楽しみながら参加されること願っております。

さて今回のパオラ・ワークショップに関して「空間身体学™田畑ロルフィング研究室」主催となっております。いわゆる個人開催・協会外部開催なんですが、一切問題ありません。唯一の問題としては、ムーブメント・ワークショップにおいて、参加者数次第では私がアシスタント・デビューという点でしょうか。と言っても特別なことをする必要なく、ただただパオラがやりやすいようにお手伝いしていくという感じだと考えております。どうぞ参加希望の方々、万が一私がヘタ打った際には、大きく深い愛の眼差しで、見逃していただけるよう願っております。

このパオラWS、もちろん大事ですが、まずは眼の前の足元から。ということで、やはり楠美ナオさんの博多WS「カラダとうごきのOno Ma to ¡Pe!」こちらのWSに興味ある方、絶賛募集中です。今回の博多WSにお誘いしたナオさん、すでに告知文でもお伝えしているように、ちょっぴりラテン系の爽やかなイメージです。それがどうも、私のやり方で告知すると暑苦しくなるようなので、ご本人からの爽やかすぎるコメント、どうしても皆さんに見て頂きたいと思います。彼女自身のFBの投稿リンク貼ります。こちらを読まれると、私が独り熱くなって(残念ながら、本人は熱いと感じていません)彼女の良さを力説する意味が、理解るんじゃないでしょうか。

昔より、いたって普通・当たり前だと考えておりました。今尚そう感じております。20代に入り地元から出て世間を知り、気がつけば世界を自分のフィールドとして、この惑星に暮らしているつもりです。よく波乗りする輩は、ローカルサーファーだのビジターだのと細かいこと言うのですが、私は常々この惑星のローカルだと捉えています。唯一ローカルと呼べるものはこの場合、海に住む生物だと思うのですが何か違うのでしょうか。

捉え方・モノの見方または視る位置一つで、こうも変わって見える世の中ですが、そう大した違いはないと感じています。育った地域や周りの環境により、同じ国内でも色んな表現方法があるようです。関東・関西・九州と細かく分けてみるのも悪くないですが、多様性に飛んでいるからこそまた面白いものがある気もします。熱いの冷たいの、無難に過ごすよりもチョイと飛び抜けた方が人間味があるもんですよ。

感情と熱意を混同してただ振り回しているのか、想いのままに突き進んでいるのか。その辺のやり方が少々不細工な人もいれば、クールな人もいるでしょう。いろんな人がいるから面白い。でもやっぱり、中身は熱く燃えたぎって、見た眼はクールな方が当たりは良さそうですね。そンな感じで、もっと変幻自在な振り幅持てると面白く生きて行けるのでしょう。今更、爽やかクール路線に変更するのも無理くさいのでこのまま行きますが、ナオさんの醸し出す爽やかな薫風と、私が発する熱苦しい焦げるような炎風。うまいこと統合できると、博多WS面白くなりそうです。詳細はこちらから、是非ご興味ある方急いでね。

タイトルとURLをコピーしました