カラダとうごきの Ono Ma to ¡Pe! 第二章

Rolfing

前回7月に開催したOnoMato¡Pe!(序章)では、ロルフィングにおけるベーシック10・セッションの基盤となるテーマ「呼吸」に焦点を当て「赤ん坊のような柔らかな呼吸」をキーワードとして参加者皆さんとご一緒に、素敵な時間を堪能してまいりました。そんな前回の様子と参加者さんのフィードバック、まだご存知ない方こちらから是非ご一読ください。

また、登山道からご縁もった皆様、ありがとうございます。しばしの休憩がてら若しくは、後ほどじっくりと、最後までお付き合いいただけると嬉しく思います。

さて今回は、セッション2のテーマである「足」に焦点を当て、ナオさんお得意のコンティニュアムなどを取り入れた、動きのスペシャリストが独自の観点から編み出した内容で、再度お披露目していただく予定です。コンティニュアム自体も、あくまで日本国内(九州だけかな)一般的に認知度が低いようで、その道にご興味ある方からすれば、九州博多では滅多にありえない時間となるコト間違いなし。

その他、Yielding embodiment®などで培った、空間認知における”間”に委ねることの重要性やら、ちょっとした解剖学的観点など織り交ぜ、二足歩行の人類をサポートする「あし」についてのムーブメント・ワークショップ、初秋の博多で開催です。夏場に流れたあの爽やかなる薫風は、秋の涼風へと移り変わり、参加者みなさんのココロとカラダにまた、染み渡ることでしょう。

カラダと動きの Ono MA to ¡Pe!  (2nd Session)

九州ではまだ、耳馴染みの薄いボディワーク「Rolfing®」身体と心を一つの統合されたユニットとみなし「ボディマインド・コネクション」の認識を促進する、自己啓発を目的としたメソッドです。そんな未知なるロルフィングの世界、ちょっとのぞいてみませんか?身体の健康は心から、心の健康は意識から。意識の創造は感覚から、、、。

フェルトセンスと言われる「言葉になる前の感覚」「からだに湧いてくるもの」より身体感覚に近い所を表現する”オノマトペ”を入口に、繊細な感覚にアプローチ。カラダの中の新しい景色、上質な動きを探って行きます。生命の源「動き」そこに新しい質感を創り出す時間です。

誰にでも出来る簡単なエクササイズをナオさんのガイドに委ね、チョッピリ意識しながら能動的に試していきましょう。そこに潜んでいるのは、質の高い動きのヒント。その為に、ちょっとしたひと工夫。思考は一旦置いといて、是非お試しあれ。

【第二章

序章の「呼吸」に引き続き、今回目指すは優雅に歩く姿やシュッとした立ち姿。足場が決まれば、容姿もキマる!ロルフィングの第2セッション「あし」をテーマに探っていきます。

“足場”

裸足でゆっくり野山を歩いてみると、普段は随分身体を固め

乱暴に歩いているんだな。と驚きます。

小石や小枝を踏んでも痛く無いように、膝やお腹や首肩などを柔らかく

全身で歩いてみると、いつもと違う歩き方になります。

足裏の感覚が開いて足場がしっかりとし、脚が私たちの身体を十分に支えてくれると、

無自覚に入っていた力が抜けてきます。

凝りや力みがフワッと解放される、そんな足場を探すのに、

シンプルなエクササイズや身体感覚のワークで探究します。

日時は、10月9日土曜日 10:30〜17:00

会場は前回と同じく、福岡市中央区港1−6−6 2F ArtSpace bloomさんです。下記の地図をご覧ください。港から流れてくる潮風と広い空を堪能できる、大変心地よいスペースです。是非みなさんお誘い合わせの上、遠慮なくご参加ください。

参加費は前回同様、¥8,000〜¥16,000のスライディング・スケール方式となってます。参加者の方ご自身の価値観により、当日に現金のみでお支払いいただきたいと思います。参加費用は当日会場で、現金のみでお支払いくださいませ。(学生さんは学割適応いたします。当日、証明できるものお持ちください)

※スライディング・スケール方式が意味不明という方、こちらをご覧ください※

参加希望者は、こちらから備考欄に「オノマトペ参加希望」と記載してお申し込みください、お待ちしております。性懲りもなくまたもや作成したので、オノマトペ-2のフライヤーも是非ご覧ください。

講師は、楠美奈生さん

幼少よりバレエを始め、2001年からコンテンポラリーダンスの舞台活動の世界へ。その後、身体への好奇心から2009年に渡米し、Dr. Ida Rolf Institute®公認ロルファー™として認定される。また、日本ボディワーク業界ではパイオニア的存在、空間身体学™を提唱している田畑浩良氏により考案された新進気鋭のメソッド、Yielding embodiment®の認定者でもあり、Yieldersの一員としてもロルフィング・セッションを提供中。

現在は、ロルファーとして都内で活動の傍ら、非常勤講師として大学の演劇学科で講師を勤めている。バイオ・ダイナミクスやコンティニュアムなど、身体の探求を軸に活動し今尚探求継続中。趣味は合気道やダンス、登山など自然と戯れるコトが大好きな少しだけラテン系、裸足愛好

つい先日の投稿ですが、こちらのページに今回のWS (このシリーズ)における趣旨や、ナオさんFBによる直々のコメント等掲載しております。暇があればのぞいてみてください。

前回参加できなかった方、初めての方でも全然問題ありません。このロルフィングというボディワーク、普段とは違う形態でお伝えしますが、ボディワークの存在意義・趣旨をなんとなくでも把握いただけると、喰わず嫌いだったと気付くのかもしれません。まずはお気軽に、足を踏み出してみてはいかがでしょうか。貴方のご参加、お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました