博多 ROLFING® 傳 | ロルフィングとは?イールドワークとは?自然治癒力の可能性

ROLFING®の成り立ち Origin of Rolfing®

アイダロルフ      

ロルフ博士は、オステオパシー、ホメオパシー、カイロプラクティックなど様々な治療法を研究した末に、身体内に拡がり全身を繋ぎ止めている筋膜組織(fascia)のネットワークに着目しました。身体全体の姿勢と動きを、重力とのバランスで捉えた理論によって、このプロセスを見出しました。

     

また、在命中はヨガを学んでいたことから東洋思想の影響を受け、身体の可能性を最大限に引き出すことで、精神的や感情的にも豊かになり、心と身体の繋がる重要性を、精神世界的視点からも持っていました。

 
『重力こそがセラピスト』とは彼女の言葉です。プラクティショナーから一方向の介入によって一時的な変化を期待するよりも、クライエントが安心した状態で変化を受け入れるスペース(間)を提供いたします。そこで必要最低限の示唆を促すことが、深遠なる気づきへと繋がり、持続性を持つと感じています。

その持続性こそが、本来ヒトに備わる自然治癒力を高めて行き、この重力場における人類進化の鍵となっているのではないでしょうか。ロルフ博士の在命当時にはまだ、ほとんど着目されていない筋膜の重要性を説いた彼女は、常に重力と寄り添いながら人類の可能性を信じていたのでしょう。

 

セッション Method

技法の特徴として、従来の筋膜リリースをメインとした軽く圧をかけていくアプローチから、Yield(イールドワーク)と呼ばれるソフトなタッチによる最低限の介入により、人間本来が持つ自然治癒力を高めて行けるよう、独自性のあるSessionを考案しています。

 

筋膜の持つ特性に着目し、歪んで偏った部位が本来持つ弾力性を引き出し、身体内器官のバランスを保つスペースを拡げていきます。全身の統合までを10セッションに分割されたプログラムは、内部感覚の知覚性を高めることで身体内の開放を行い、身体構造の再編成による統合を促します。

    

場合によっては、クライエントの方にも一緒になって動いて貰いながら、新たな動作法を再教育することもあります。セッションは言葉、動き、タッチをコミュニケーションとして、双方向での信頼関係に基づいた関係性により創り出されます。安心できるサポート(間)を提供することがロルファー™としての役目だと感じています。

概要 Outline

屋号 Rolfing® 傳
住所 〒810-0075 福岡市中央区港1ー6ー6 2F (ArtSpeace bloom)
電話番号 090-8669-3824 
メールアドレス info@rolfing-den.com
営業案内 完全予約制
Copyright(c) 2019 ROLFING® Den. All Rights Reserved.