博多 ROLFING® 傳 | Rolf Movement™

ロルフ・ムーブメントとは About Movement Session

movement       

ロルフ・ムーブメントでは、シンプルな呼吸法やウォーキングから複雑な動きのコーディネーションまで個々のレベルに応じて、これまでのパターンを解放しバランスを促進する選択肢を探っていきます。

     

クライエントと一緒に身体の緊張や、非対称性につながる動きのパターンを見つけていきます。そこで重要な事は、必ずしもクライエントにとって、最も快適な動きのパターンを確立することではなく、 重力に関してより良いバランスと効率性を持つ動きを探っていく事です。

 

効率的な動きをロルファー™と共に探りながら、自分自身が安定して安全な状態を獲得する事で、身体全身が効率的でパワフルになり流動的なものであることに気づくでしょう。

従来のBasic10シリーズと同様に、ロルフムーブメント™をシリーズ化したセッションも提供しており、それぞれが特定の構造による動きのテーマで構成されています。これまでの動きのパターンを見直す事は、新しい理想的な状態を獲得する好機となります。パフォーマンスの向上や、普段から自分でできるメンテナンスとしても最適です。

理論 Theory

現在、ヨーロッパ、アメリカ、ブラジルで教えられているムーブメントのエクササイズの多くは、フランスのダンサーでありRolfer™、Hubert Godard氏に由来しています。一方日本では、田畑氏の考案したイールドワークを用い、西洋で主流の動的とも言えるエクササイズとは異なる静的ムーブメントを取り入れる事で、より自発的に持続性のあるパターンを探ることが期待できます。

Godard氏によると人間には「運動脳」というものが存在し、それは運動を司る脳と身体の部分から構成されています。これは、潜在意識の「ボディースキーマ」と意識的に作られた「ボディーイメージ」に両者よって形成され、互いに競い合っています。

 

それら潜在意識に存在する「ボディースキーマ」は、関節、筋肉、筋膜にできるだけ優しく、少しの努力で、調和のとれた体の動き方を知っています。この自然な動きの知性は、クライアントが意識的に身体の周りの空間と地面に関連して、自分自身の身体を認識するようになると強化されます。もう一方で人間は、人生を通し特定の状況により「ボディーイメージ」を開発します。人は、社会文化的環境、個々の培ってきた生活背景、気分に合わせて自分の動きを適応させますが、その結果、好ましくない動きや呼吸のパターンになってしまいます。

    

そこでロルフムーブメントでは、これらのパターンを発見し、潜在意識の「ボディースキーマ」から理想的な動きに置き換える方法を見つけることを目指しています。ロルフ・ムーブメントの目的は、速筋(Phasic muscle)ではなく、遅筋(Tonic muscle)を活性化させて身体を内側から理想的に安定させ、重力の中で調和のとれた軽快で効果的な動きの追求です。

概要 Outline

屋号 Rolfing® 傳
住所 福岡市内
電話番号 090-8669-3824 
メールアドレス info@rolfing-den.com
営業案内 完全予約制
Copyright(c) 2019 ROLFING® Den. All Rights Reserved.